1. ホーム
  2. ファッション
  3. メンズファッション
  4. 着物、浴衣
  5. 角帯 リバーシブル 桐生織 「竹とコウモリ 灰」 日本製 麻ハーフ 男着物 男浴衣 帯 メンズ 男 男性帯 (メール便不可)
最大44%OFFクーポン 素敵でユニークな 角帯 リバーシブル 桐生織 竹とコウモリ 灰 日本製 麻ハーフ 男着物 男浴衣 帯 メンズ 男 男性帯 メール便不可 mudikbumn.co.id mudikbumn.co.id

角帯 リバーシブル 桐生織 「竹とコウモリ 灰」 日本製 麻ハーフ 男着物 男浴衣 帯 メンズ 男 男性帯 (メール便不可)

2136円

角帯 リバーシブル 桐生織 「竹とコウモリ 灰」 日本製 麻ハーフ 男着物 男浴衣 帯 メンズ 男 男性帯 (メール便不可)

織物の名産地・群馬県桐生で織られた男性用角帯です。
繊細な織りと柔らかな感触が特徴です。
素材は麻の風合いとポリエステルの扱いやすさを兼ね備えた「麻ハーフ」。
リバーシブル帯なので表と裏、両方お使いいただけます。
夏の着物、浴衣に。こだわりを感じるお洒落なアイテムです。
【商品内容】角帯1点 ※こちらは作り帯ではございません。ご自分で結んでいただくタイプの帯です。
【色柄】すっきりとしたグレーの濃淡の麻帯。細い2本の横縞のように見える模様は、実は竹です。裏地は蝙蝠(コウモリ)
【サイズ】幅約11cm/長さ約1丈5寸(約3m95cm)
【素材】麻50%、ポリエステル50%
日本製
夏祭り・花火大会・フェス・盆踊り・浴衣デートなど、夏着物や浴衣の装いに。

※ご覧いただいております環境によって、色みが若干異なって見える場合がございます。
※商品によって、サイズが若干前後する場合がございます。
※生地の裁断によって、柄の出方が多少異なる場合がございます。



角帯 リバーシブル 桐生織 「竹とコウモリ 灰」 日本製 麻ハーフ 男着物 男浴衣 帯 メンズ 男 男性帯 (メール便不可)

TRUSCO タフロングEPDMテープ 3mmX25mmX10m TAFLT-325-10MKIJIMA キジマ CB750 F 8 08 クラッチレバー 202-034ML リペア用 補修用 レバーレギンスパンツ レギパン スキニーパンツ レディース レギンス ストレッチ スパッツ ハイウエスト ボトムス 伸びる ポイント消化 美脚 送料無料OH JSH 結束ベルト    PJ2−30もみすりロール ヤンマー 手動用 異径小30型 籾摺り機用 ゴムロール もみすり モミスリ 籾すり 籾摺り もみすり機 籾すり機 籾摺りロール バンドー化学 シBDスパルコ ヘルメット SKY KF-5W カート用 ホワイト スネルK2015公認 SparcoHAKUBA 電子防湿庫 E-ドライボックス 25リットル KED-25純正部品ホンダ シビック タイプR停止表示板純正品番 08M09-S2K-001【FK8】H2 1ナンバー【雑誌付き】キタコ バンディット400 バンディット400LTD ステンレスクラッチワイヤー メーカー在庫あり KITACOノートパソコンケース MOFT PCスタンド クラッチバッグ 12 13 インチ 軽量 MacBook デスク 薄型 MOFT mb002メール便OK 松屋漆器店 白木塗 タモ 6寸重箱用九つ切仕切り 重箱 お重 仕切り ランチボックス お弁当箱 行楽 運動会 お花見 アウトドア おせちPSVita2000/1000用USB ACアダプタ Ver.2ギガ/NEWギガ用 月光ZEROダブル リアベッド窓 艶消しブラックウッドナイフ140バラ【送料無料】 OHM ハンガー型2WAYドライヤー AIR-KCS001-W4 ピース/セット 車 ドア ステッカー カーボンファイバー傷にくい カバー 自動 ハンドル 保護 フィルム 外装スタイリング アクセサリ36LED回転灯パトランプ 45cmワイドモデル 12V24V兼用 薄紫色KNIPEX(クニペックス) 1386-200 絶縁エレクトロプライヤー 1386200

Research Institute for Sustainable Humanosphere

循環材料創成分野
梅村 研二教授

 

宇宙圏電磁環境探査分野
栗田 怜准教授

森林圏遺伝子統御分野
棟方 涼介助教

生物機能材料分野
田中 聡一助教

2020年 着任教員紹介

京大の発明

京大先生シアター

ザッツ京大、など

京都大学ウェブサイトに生存圏研究所の教員・施設・研究が紹介されています

生存圏アジアリサーチノード(ARN)

生存圏研究所は、「生存圏アジアリサーチノード (ARN)」を整備し、国際共同研究のハブ機能を強化するとともに、生存圏科学を支え発展させる国際的な人材育成を進めています。

参加学生による活動レポートはこちら

広報活動・社会連携

刊行物やビデオで研究内容をわかりやすく発信する広報活動を行っています。また、公開講演会や見学会を行うことで社会と連携する研究所を目指しています。

生存圏研究を支える組織「生存圏フォーラム」

持続的発展が可能な生存圏を構築していくため 「生存圏科学」を幅広く振興し、研究者同士の情報交換・交流や、学生の国内外での教育・啓発活動を促進しています。(会員数約750名)コラムを始めましたのでぜひご覧ください。